THE GENBA

ゲンバとは

シンエイのゲンバとは

シンエイのゲンバは主に当社総売上げの半分以上(約72%)を占める「構内請負業務」と、「外観検査」、「金属部品加工」の3つがあります。「構内請負業務」のゲンバは須坂市近郊に数か所あり、当社員が請負企業様の敷地内に作業場をお借りし、一部あるいはすべての製品づくりを担っています。「外観検査」と、「金属部品加工」は当社の会社内で行っている業務です。

よって、働くゲンバは様々です。一人一人、ご自分に適した場所で希望に沿った環境、シフトで働くことが可能です。どのゲンバも明るく、志を高く持ち、積極的にスキルアップを図る社員が多いです。業務毎の交流会も積極的に行っています。

シンエイの外観

シンエイのゲンバ

構内請負業務

構内請負イメージ1

地元有力企業(現在は3社・数か所の事業所)の構内請負事業を行っています。当社社員として提携企業の敷地内の工場で働きます。

任された製造業務の一工程または全工程は責任をもって当社の社員が行います。当社の管理能力はもちろんのこと、社員のスキルや経験があって初めて信頼が生まれます。

構内請負の詳細

数字で見る 構内請負の現場

男女比 7:3

男性比 女性の比

勤続年数

構内請負事業の勤続年数グラフ-2016年度

金属部品加工

熟練した技術者が取り組んでいます

当社は精密プレス部品の製造を請け負う小さな町工場から始まりました。

昭和47年の創業以来培ってきた高い技術力が生み出す高精度の品質が当社の強みです。金属部品加工業務には大きく分けて、精密プレス加工と精密板金加工があります。

金属部品加工の詳細

数字で見る 金属部品加工の現場

男女比 8:2

男性比 女性の比

勤続年数

構内請負の勤続年数の割合は、3年以下は9%、3~5年は46%、5~10年は9%、10~20年は27%、20年以上が9%です

外観検査

外観検査では多くの熟練した女性が従事しています

外観検査の中でもっとも難易度の高い検査と言われる顕微鏡検査においては、30年以上長きにわたり、大手企業様の検査業務に従事してきた実績があります。

半導体に使われるリードフレームやコネクタなどの変形、変色、キズなど様々な欠陥を見つけることが目的です。

外観検査の詳細

数字で見る 外観検査の現場

男女比 1:9

男性比 女性の比

勤続年数

構内請負の勤続年数の割合は、3年以下は22%、3~5年は14%、5~10年は39%、10~20年は16%、20年以上が9%です

先輩や同僚に仕事を丁寧に教えてもらえるので、
スキルアップ出来ます

仲間と和気あいあい働ける、充実した生活をサポートできるゲンバ!

Q 転職後、待遇面はどうなりましたか?

A:

給料面では前職とあまり差はありませんが、アパレル業界は波が大きいので給料も変動があります。将来的に考えれば安定した給料が貰える今の会社に転職して良かったと思います。

Q どんなところにやりがいがありますか?

A:

決められた時間に決められた実績を上げることができた時に、達成感があります。

数字で見るゲンバ

年齢比

シンエイ全体の年齢比率は、20~29歳は14%、30~39歳が31%、40~49歳が30%、50~59歳が20%、60歳以上は5%です

男女比

女性の比 女性
48%
男性比 男性
52%

さらなる事業拡大に向けて スタッフを募集しています

ゲンバ男子 ゲンバ女子

今こそキャリアアップ

2018年正社員採用実績 40名

採用情報を見る
Slider